Hatena::Groupnomotivation

心温まる話

心温まる話

デビルマン

先日、新入社員の面接をやってたら、非常に心なごむことが起きた。

その日は集団面接で、俺の眼前には、ガチガチに緊張した学生が五名。
こちらには、俺と、人事部長、人間を何人か消してそうな(むしろ消した。)怖い顔の重役二人。
そんな面子で面接開始。とりあえず、一番下っ端の俺が、端っこの青年に、
「では、まず自己紹介をお願いします。」と促した所で、鳴り響く着メロ。
そのメロディが…

「あっれーは誰だ♪誰だ♪(デビール)あっれはー(ブツッ。)」

鳴らしたのは、今、促した学生。顔が耳まで真っ赤。だいーぶ気まずい空気。
そんな中、重役が口を開いた。「…で。誰なのかね?」
学生、凄く恥ずかしそうに、「デビルマンです…」

;`;:゛;`(;゚;ж;゚; )  ;`;:゛;`(;゚;ж;゚; )  ;`;:゛;`(;゚;ж;゚; )  受験生、二名と人事部長死亡。
聞きたいのはそれじゃねえよ!!

その後、どうにか淡々と面接は滞りなく進み…最後の質問。重役から、全員への質問で。
「では…最後に、簡単な問いを出します。
一人、答えられれば宜しいです。では、問題。 デビルイヤーは?」
「地獄耳!」

即座に答えるデビルマン君。 ;`;:゛;`(;゚;ж;゚; ) ;`;:゛;`(;゚;ж;゚; ) 学生二名が更に死亡。

その後の会議で、デビルマン君は無事、重役のプッシュを受け、その面接を潜り抜けた。
重役からの理由としては、「最初の大失敗の後、彼は凄く混乱した中からシッカリと立て直した。
立派な学生じゃないか。」との事。

だが、俺だけは知っている。重役、独りで居るときに、ぽつりと
「だーれも知らない知られちゃいけーないー。」とか歌ってたのを。
あんた。ただのデビルマン好きなだけだろ。と、疲れながらも心なごんだ。

ヌーバ

345 774RR :2010/03/28(日) 10:14:42 ID:PX8fFZQ8
俺が小学校5年の頃、学校の近くのスーパーで万引きで捕まった
すぐさま担任の女教師(43)、通称ヌーバ(ぬぅっと教室に入ってくるから)が飛んできた
まず俺にビンタを一発、涙目になる俺、よく見るとヌーバも泣きかけていた

「人の物を盗るのは最低の行為、これ(商品)を盗むことでどれだけの人が悲しむかわかっているのか」
「その菓子を食えば無くなる、だが盗んだという事実は一生消えない」
等々、一時間ほど延々と説教された
店の人がもういいですよ、と言っても説教は続き
夜7時過ぎにようやく先生と店へ出た(親には店の人の温情査定で呼ばれなかった)

おなかすいてるだろう、と駅前ラーメン屋へ行き、タンメンとギョーザをおごってくれた
口をあけるたびにビンタされたほっぺたが傷んだが、ラーメンはうまかった
車で家まで送ってもらい「今日のことは親には言っても言わなくてもいい、
自分が何をしたかよく見返すように」
と言い、先生は去って行った
俺の人生でベスト5に入るエピソードだった

問題は俺が冤罪だったということである

髪をストレートにする秘訣は熱いお湯に付けた後乾かさずに寝る

141 名無し職人 :2005/12/11(日) 23:21:07
小学校時代
髪をストレートにする秘訣は熱いお湯に付けた後乾かさずに寝ることだ

と友人に教えた。
次の日獅子舞みたいな髪形の友人が登校して来た。

彼女は些細な嘘にもよくだまされてくれた。


中学時代
弁当のメニューではゆで卵が好きだという友人に
手軽にゆで卵を作る方法としてレンジでチンをすすめた。
次の日に鬼のような顔で叱られた。
実にイジり甲斐のある性格だった。


高校時代
何度も古文の活用変化の同じ場所でつまづく俺をみかねた彼女は
急に耳が悪くなった俺のために教室内で何度も大声で「あなる」を連呼した。
テストは俺のほうが点数がよかった。

自分のことのように喜ぶ彼女に今度は俺がアナルについて口頭で詳しく教授した。
しばらく口を利いてくれなくなったが。


今日
俺と住居、苗字を同じくすればいかに幸福になれるかについて彼女に熱弁を振るった。
彼女は今回も俺の口車に乗ってくれた。今、笑顔が直らない。

四年前まで飼っていた犬が全盲だった

四年前まで飼っていた犬が全盲だった。
でも、とりたてて「世話が大変」とかいう事はまるでなかった。
今になって「よく考えたら、あいつ目が見えなかったんだよね」というくらい。

こないだ家族でその犬の思い出話をしていて、一つ驚いた事があった。
家の中と庭では自由に歩き回っていたそいつも、
散歩の時だけはリードを繋がなければ決して歩こうとしなかった。
人間がリードを引っ張る微妙な角度で、
止まる・右へよける・左へよける・段差がある・・・
等の路面状況を、奴に判断させていたからだ。

「特に教え込んだわけでもないのに、よく理解してたよね」という話になり
ふと疑問に思って、家族にそれぞれの合図の出し方を聞いてみたら

俺の「止まれ」→真上にリードを引く
姉の「止まれ」→斜め後方に引く
母の「止まれ」→小刻みに何度かリードを引く(俺の「段差がある」の合図と同じ)
父の「止まれ」→「止まれ~」

という具合に、皆全然違う合図を出していた事が判明。
犬は家族のクセを、全部読み分けていたのだった。
俺達が「世話が大変」と思わなかったのは、
奴のそんな努力があったからなんだな・・・と、しんみりした。

しかし、そんな俺たち家族にも、共通していた事はあった。
リードを伝わってくる、奴からの全幅の信頼感だ。
クサい表現になるけど、あのリードは正に俺達の絆を繋いでいた。
目隠しをして紐一本で繋がれて、「さあ歩け」と言われても
なかなかできるものではないだろう。

奴が死ぬ間際まで使っていたリードは、未だに壁にかけてある。

子どもの時に登校拒否気味だった

私は、子供の時に登校拒否気味だった。

宿題なんか何にもやっていなかったので死ぬほどいやで登校した2学期の初日。
出来てなくても良いから出しなさいと先生。
真っ白い絵日記をおずおずと提出すると、てっきり怒るかと思った先生がニコニコ笑いながら
「絵日記を一日も書かなかったほど夏休みを楽しんだのね」
と白いページをめくりながら、一枚づつに大きな赤いマルをつけてくれた。
思わず胸が熱るほど嬉しくて、それからは毎日楽しく学校に通えるようになりました。

後年同窓会で恩師に出会い目を潤ませながらお礼を言うと
「そーね、そうだったわね。でもあれはマルじゃなくて零点だったのよ」

お年寄りにPCについて教えてあげた結果…

578 カコイイ 2008/09/10(水) 00:50:40 ID:5essoVSD0
市役所のそばの喫茶店で茶ー飲んでたら、お年寄りが6〜7人入って来た。
どうやら市のIT講習の帰りらしい。
聞こえてきた話ではどうもあまりよろしくない講師に当たってしまったらしく、
「講師のいうとおりにしたら自宅ではうまくいかなかった。
なので今日それを質問したらやり方が悪いだけだと怒られた。しかも元に戻せなくなっちゃった。
どうしよう…」と言い合っている。

自分はそれに心当たりがあったので出しゃばりだったけど、話しかけて、
「それはこういうことなんですよ」と説明して、元に戻すやり方もお教えした。

その瞬間、「おおお…」と声が上がり、「じゃあこれは?」「あれについても教えて!」と
プチIT講習になってしまって、お年寄りたちにすごく感謝され、コーヒーのおかわりと
ケーキおごってもらった。

勇気を出して話しかけてみてよかった。そん時の自分はけっこうかっこよかったはずだ。
たとえハローワークの帰り道だったとしてもな!


580 カコイイ 2008/09/10(水) 18:24:47 ID:QkR4QIqb0
>578
もしかしたらそれこそが天職のヒントじゃないか?
お年寄りにもわかりやすくなおかつ丁寧に教えられるって
結構すごいと思う


614 カコイイ578 2008/09/25(木) 00:48:25 ID:DxyexCXb0
カコイイ話じゃなくてすまん。
でも報告に来たかった。このスレの>578なんだが、
市の施設でお年寄りに家電の使い方教えたり、
手伝ったりお年寄りにできないことサポートするセンターの
臨時職員募集してた。

面接行って、通った。半年だけだけど、職が見つかったよ。
>580の言葉がきっかけだった。ありがとう。